女性の薄毛の種類

女性の薄毛・脱毛の症状・原因は、男性と同様に様々です。
その中には、円形脱毛症のように男女関係なく起こるものと、女性特有の薄毛や脱毛症があります。

AGA(男性型脱毛症)
女性の脱毛症の中で一番多いのは、実はAGAつまり男性型脱毛症です。
薄毛で悩む女性のうち、およそ半数の原因は男性型脱毛症だと考えられています。
女性のAGAは、FAGA女性男性型脱毛症)と呼ばれることもあります。
⇒ 女性のAGA

慢性休止期脱毛症
女性の薄毛で、AGAに次いで多いのが、慢性休止期脱毛症です。
休止期の髪の量は、通常だと全体の10%程度ですが、休止期毛の割合が20%ぐらいになるのが慢性休止期脱毛症です。
慢性休止期脱毛症になるのは30代以上が多く、長い硬毛が抜けていき、頭部全体から抜けていくのが特徴で、症状はひどくなったり軽くなったりを繰り返しながら数年間持続しますが、極端に髪の量が減少することはありません。
慢性休止期脱毛症の原因はわかっておりませんが、治療には育毛剤のミノキシジルが有効です。

びまん性脱毛症
⇒ びまん性脱毛症

分娩後脱毛症
妊娠後期は、エストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクルの成長期が長くなり、抜け毛は減少します。
しかし、出産を終えると、一時的に女性ホルモンの分泌量が減少するため、成長期を維持してきた髪が一気に休止期に入り、抜け毛が増加します。
これが分娩後脱毛症で、抜け毛は頭部全体で起ります(びまん性脱毛症
脱毛は産後2ヶ月くらいからはじまり、半年ぐらいまで続きますが、通常1年以内には元に戻ります。
ただし、高齢出産などの場合は回復が遅れたり、産後にストレスなどが重なると、なかなか元に戻らないこともあるようです。

区切り線

ページのトップへ▲

経済