女性にはプロペシアを処方できない

女性のAGAと男性のAGAでは、その治療法は大きく異なります。

AGAの治療法で、今一番効果があると言われているのは、内服薬のフィナステリドプロペシア)の服用です。
AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが、細胞内でU型の5αリダクターゼという酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、DHTがもう毛乳頭細胞の受容体(レセプター)に結合して、脱毛たんぱく質を産生することで発症します。
フィナステリド(プロペシア)は、このU型の5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を防ぐ薬です。

プロペシアは、AGAの治療にとても効果の高い薬ですが、残念ながらプロペシアの服用は男性に限られます
理由は女性がプロペシアを服用すると、深刻な副作用が出る恐れがあるからです。
特に妊娠中の女性や授乳中の女性が、プロペシアを飲むことはタブーです。
プロペシアの服用で生成が抑制されるDHTには、思春期以降の男性にはヒゲを濃くしたり、AGAを促進したり、前立腺を肥大させるなどの悪影響を及ぼしますが、胎児には陰茎・陰嚢などの外性器を分化させる大事な働きがあります。
このため、妊産婦がプロペシアを服用すると、胎児の外性器が正常に発達しなくなる恐れがあるのです。

ただし、プロペシアを服用中の男性の子を妊娠しても心配はありません。
プロペシアは、服用中の男性の精子には全く影響を与えないので、その男性との間に子どもができても、胎児が悪影響を受けることはありません。
女性がプロペシアを服用したときにだけ、問題が発生する可能性があるのです。
また、閉経後の女性など、これから妊娠する可能性のない女性については、プロペシアを服用しても、男性ほどの発毛効果が現れないことから、やはりプロペシアが処方されることはありません。

以上のような理由で、女性はAGAになっても、プロペシア(フィナステリド)を処方されることはありません。
女性のAGAの治療は、内服薬ではなくミノキシジル等の外用薬やメソセラピー(注射などを使用して、頭皮下に直接薬剤を注入する治療法)が中心となります。

区切り線

ページのトップへ▲

経済