びまん性脱毛症

びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)とは、抜け毛・薄毛の状態を表す言葉で、髪の毛の抜け方がAGAや円形脱毛症のように局所的ではなく、全体的に抜けて行き、頭部全体が薄くまばらになる状態を指します。

びまん性脱毛症のほとんどが女性で、原因には女性ホルモンの分泌異常が関わっています。
ホルモンを分泌する内分泌器官の中でも、脳下垂体は成長ホルモンなど多くのホルモンを分泌していますが、卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンなどの性腺刺激ホルモンの分泌が低下すると、体全体の毛が減っていき頭部ではびまん性の薄毛になります。

出産により卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少することで発生するのが分娩後脱毛症ですが、抜け毛の症状としてはやはりびまん性脱毛症と言えます。
また、ピルを内服している女性が、服用を止めるとびまん性脱毛の症状が出ることもあります。
女性ホルモン以外にも、甲状腺ホルモンの分泌が低下したり、逆に甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺機能亢進症バゼドウ病)になると、びまん性脱毛症を伴うことが多いです。

無理なダイエットをすれば、男性でも抜け毛が起こることがありますが、特に女性の場合は体重を減らすために極端な食事制限をおこなうと(クラッシュダイエット)、慢性のびまん性脱毛症になることもあります。

区切り線

ページのトップへ▲

経済