AGAの原因(メカニズム)

AGA(男性型脱毛症は)、頭髪のヘアサイクル(毛周期)が徐々に短くなることで発症します。
ヘアサイクルにおける成長期が短く、退行期・休止期は長くなり、元気に成長している毛が少なくなるため、頭頂部や前頭部の毛髪が全体的に薄くなります。
成長期に入った毛包が十分に発育せず、退行期・休止期へと急速に移行してしまいますが、このヘアサイクルを繰り返すと、毛包は次第に小さく(毛包のミニチュア化)浅くなるので、毛髪が細くなったり抜け毛が増えたりするのです。

AGAにおいて、髪の毛の成長が抑制される原因は、毛根部の毛乳頭や毛母細胞の働きが悪くなるためで、それには男性ホルモンが大きく関与しています。
男性ホルモンは、思春期以降にヒゲやすね毛や胸毛といった体毛の発毛を促しますが、頭髪に関しては全く逆に作用します。
血液中の男性ホルモン(テストステロン)は5αリダクターゼという酵素の働きによってDHTジヒドロテストステロン)という物質に変化します。
DHTが頭髪の毛乳頭細胞の受容体(レセプター)に結合すると、毛乳頭細胞は毛母細胞に細胞分裂を抑制するように指令を出します
すると、毛母細胞の分裂が止まって毛が十分に成長せず、細く、短く、抜けやすくなってしまうのです。

同じ頭髪でも、側頭部や後頭部の毛乳頭細胞は、細胞分裂抑制シグナルをあまり出さないので、脱毛はあまり起こりません。
このように、なぜ頭部の部位によって男性ホルモンの影響が異なるのか、その理由ははっきりと分かっていません。
また、こうした酵素の働きや変化は、すべての人に起こるわけではなく、特定の遺伝的性質を持った人に起きやすい、つまり遺伝による影響が大きいことが分かっています。

女性にも男性に比べるとわずか(約10分の1)ですが、男性ホルモンがあります。
AGAを発症する女性は、前頭部や頭頂部にある髪の毛乳頭細胞内に、男性ホルモンを受け入れるレセプターが多く見られ、そのレセプターに取り込まれた男性ホルモンが、髪の成長を抑えてしまうと考えられています。
また、毛髪には人それぞれ太い、細い、直毛、くせ毛などさまざまな性質があり、これらは父母の遺伝の影響によるものですが、男性ホルモンのレセプターの有無などについても遺伝であるとされ、特に女性の場合は父親がAGAだとその遺伝を受ける可能性が高いようです。

区切り線

ページのトップへ▲

経済